ネイリストが推奨する持ち良く、オフも簡単なセルフネイルの方法

現役ネイリストはこう塗る!持ちとオフの簡単さを両立させる塗り方!

寄稿者:松林実奈

下北沢のネイルサロン『salon de emu.』 オーナー

色彩学やカメラを学ぶために、日本大学の写真学科へ進学。ネイルサロンで働きながら、ネイリスト検定を取得。退社後は様々な観点からネイルに携わるために、ネイル商材を扱う会社に就職。webデザイナーとして働いた後に『salon de emu.』を開業。


現役ネイリストさん自身がオールインワン ジェルネイルを使用した上で寄稿いただいた、解説記事からおすすめの塗り方について抜粋します。




ピールオフベースを先に塗っておくと、オフは手軽ですが先述した通り持ちは1週間と少し短めになってしまいます。休日のみネイルを楽しみたい方や頻繁なデザインチェンジを楽しみたい方には充分な持ちですが、オフを手軽にしつつ、持ちも良くなったら最高ですよね。持ちを良くするためには、③でご紹介したプレパレーションにプラスで、”強度”を上げる必要があります。


強度を上げるにはピールオフベースを塗った後に、オールインワンカラージェルを塗布・硬化した後の最後の一工程が重要になります。

ビルダージェルやトップジェルを爪の先端まで塗布し、爪全体の厚みを持たせます。 ビルダージェルはトップジェルに比べて粘度が高く、よりぷっくり感が出せますが、トップジェルを使用しても問題ないです。一度に多く塗布してしまうと内側が未硬化になってしまうので、少量を塗布し硬化を好きな厚みになるまで繰り返してください。2-3度塗りがオススメです。


厚みが増して強度が上がったことにより、

衝撃によって爪先端のネイルが欠けてしまうことが圧倒的に少なくなります。

オフしたい時は爪の根本側からウッドスティックを差し込むことによって綺麗剥がすことができるので、是非試してみてください。


ネイル
 



Praise Setの購入はこちらから

ページ表示に数秒かかる場合があります



全記事はこちら >> オールインワン カラージェルの塗り方を現役ネイリストが解説